2019年6月7日金曜日

6月7日 お年寄りとの触れ合い(年中児)

年中児が老人福祉施設を慰問しました。元気な声で歌を歌ったり、「パプリカ」のダンスを披露しました。
その後、一緒に手遊びを楽しんだり、後ろ側にまわって肩たたきをしました。
今日の記念に、自分たちで作った飾りもプレゼントしました。
どれをとってもお年寄りの皆さんに喜んでいただき、子供たちも嬉しい気持ちでいっぱいになりました。






2019年6月6日木曜日

6月5日 友達がいっぱい 楽しいな!

小鹿野保育所・両神保育所・小鹿野幼稚園の3歳児・4歳児の子供たちが小鹿野幼稚園で遊びました。
一緒に遊ぶ経験を重ねていくと、友達の名前を覚えたり、一緒に遊ぶことをもっと楽しんでくれることでしょう。

◆ 3歳児は遊戯室で簡単な集団ゲームをして遊んだ後、園庭で遊びました。



◆4歳児のメインは、砂場遊びでした。
 水色・オレンジ・ピンク色の帽子が多少混ざって遊んでいます。交流しながら遊んでい るということになります。バスに乗って小鹿野幼稚園にやってきた両神保育所の子供たちも時間が経つにつれて緊張していた気持ちも和らいできたようでした。また遊ぼうね。


みんなで一緒に「はい、チーズ!」

6月3日 プール遊びが始まりました

6月1日に保護者の皆さんの協力を得て、年少児と年中児用の丸いプールと、年長児用の四角のプールを作りました。
そして、6月4日のプール開きを迎えました。今シーズン初めてのプール遊びであることから、水深も浅く、時間も短くして遊びました。
これから、子供たちの遊びの様子を見ながら水量を増やしていく予定です。

<年少児の様子> 













<年中児の様子>

 

<年長児の様子>


2019年6月1日土曜日

6月1日 親子で遊ぼう(全学年)

小鹿野小学校の体育館をお借りして、今年も「親子で遊ぼう」を実施しました。
1.みんなで歌を歌いました。
2.動物体操をしました

3.親子ふれあい遊び「働く車シリーズ」
  タクシー・フォークリフト・ブルドーザ・ショベルカー・ダンプカー・はしご車などなど。 子供たちはとても喜んでいました。
<タクシー>
<フォークリフト>

<ダンプカー>
<ショベルカー>

<はしご車>

















4.年中親子「親子でおかいもの」
 

5.年少親子「白馬に乗って  GO!」







6.年長親子「新聞ほうきで ほいさっさ」
 

7.フォークダンス












8.一緒に遊んでくれたお父さんやお母さんへ ありがとうの気持ちを込めて
 たくさん抱きしめてもらいました。




2019年5月31日金曜日

5月31日 田植え(年中児・年長児)

田んぼでたくさん遊んだ後に、田植えができるように着替えてから、田んぼの先生(地域の方)の話をよく聞いて、田植えをしました。

年中児は初めて田植えをしました。指で苗を5本ほどつまんで泥の中に挿していました。5回ほど苗を植えた後、年長にバトンタッチしました。 良くできました!




年長児は昨年のことを部分的ではありますが覚えており、田んぼの先生の話をよく聞いて田植えをしました。
田んぼの先生から、「お父さんやお母さんの給料は、働くとお金がもらえるけれど、みんなの給料は、できたお米だよ。おにぎりパーティーができるように頑張れ!」と励まされて、子供たちは最後まで苗を植えきりました。




田植えを手伝ってくださった保護者の皆さん。ありがとうございました。お疲れ様でした。

5月31日 泥んこ田んぼ ①(年中・年長児)

 予定していた29日は、天候が不安定であったため延期して、本日(31日)行いました。
手ぬぐいで作ったをかぶり物しっかりとかぶって田んぼへ向かいました。
 田んぼに足を入れたときの第一声は、「つめたいっ!」でしたが、走ったり、畦からダイビングしたり、競争をしたりして遊ぶうちに体中がすっかり泥んこに。
『ガタリンピック小鹿野幼稚園バージョン』といったところでした。





2019年5月24日金曜日

5月23日 保育所との交流(年長児のザリガニつり)

年長児が保育所の年長児と一緒に下小鹿野のあじさい神社に行き、ザリガニ釣りをして来ました。子供たちは家庭で考えて餌を用意してきました。さきいか・するめ・煮干し・削り節等でした。それをひもの先につけて池にそっと入れて待つのですが、ひもに集中してじっと待っていることはなかなか難しくて、すぐにはザリガニを釣り上げることはできませんでした。
しばらくしてから、担任が用意しておいた秘密の餌をもらってつけ、糸の垂らし方も教わってじっと待ちました。「つれたっ!」「おっきい!」他。あちらこちらから歓声が上がりました。満足な様子の子供たちでした。